集成材

集成材とは、大きな節や割れ、曲りを除去した木の板を、繊維の方向をそろえて接着した建築材料です。
日本では戦後に製造が本格化しました。現在に至るまでに、接着剤も改良され、強度と耐久性に優れたものになっています。

当組合のウッドピア工場は「三重の木」及び「あかね材」認証工場です。

構造用集成材

主に柱・梁用の105×105サイズから105×450サイズまで製造しています。

造作用巾はぎ材

通称、巾はぎ材やフリー板と呼ばれる板です。杉・桧を製造しています。

厚み15mm~50mm 巾600mmまで

長さ8mまで対応可能です。

集成材床下地

根太、垂木、コンパネの機能を一つにしたもので、遮音性向上にも効果があります。