MIESON BLOCK

MIESON BLOCKは、三重県が三重県の伝統産業や地場産業の技術を生かして、デザイナーさんと商品づくりを行う事業の中で生まれました。デザイナーは間宮晨一千デザインスタジオさん。

自分たちで簡単に木質な空間がつくれるDIY商品となりました。

名前の由来

MIE(三重)+MASONRY(組積式構造)=MIESON

MIESONのブロックがMIESON BLOCKです。

石やレンガを積み上げていく組積造と、今回の木材のブロックを積み上げていく様子が似ていることから、命名されました。

 

特徴

シンプルな角材と金物で、組み立てる。

木の持つ自然素材の良さを生かしつつ、新たな機能(間仕切り、棚、机など)を可能にするようデザインされた商品です。

おうちでも、事務所でも、自分の生活スタイル、ビジネス、活動にあった形で、取り入れることが可能です。

展示発表会

2016年3月8日に行われました「デザイナー等との連携による新商品展示発表会」にて、デビューしました。


家具から空間まで

積み上げていくことの繰り返し。イス、ベンチ、机、間仕切りと棚・・・希望の大きさ、想像力で広がる形。

様々な用途に使用することができる可変性があるのは、暮らしの中でのニーズに沿って形をかえていける自由さがあります。

まさに大人の積木といえます。