集成材は弱いのか?

当組合では、集成材を製造しています。

構造材、一般的に言われる、柱や梁、桁の集成材は、接着剤で貼ってあるから弱い、というお声をいただきます。

無垢の一本の木のから製材した材の方が強い。と。

 

強い、弱いでいくと一概には言えません。

 

一本の木からできた柱でも、

木は自然のものなので、同じ樹種でも強度や品質にばらつきがあります。

突出して、弱いのも強いのもふくまれています。

 

集成材の原料になる板とて同じこと、なんですが

集成材は製造時に板の強度を確認します。そのため、一定の強度、品質のある製品となります。

また接着剤の品質も向上しています。

集成材が工業製品に近い部分があるのもそのためです。

 

なので、品質イメージとしては、平均的な集成材とばらつきのある一本材、というところでしょうか???

 

もちろん無垢の貼りあわせてない材でも、強度等検査してから出荷される材もあります。